『弊社に保険を預けているカスタマーY氏の場合』

『弊社に保険を預けているカスタマーY氏の場合』

店長の伊藤です。

生命保険・自動車保険・火災保険全てを弊社にてお預りしているカスタマーY氏。

保険について、気になる事や分からない事があると、よくご連絡をいただくのですが、先日もこんなお問合せがありました。

f0397178_10394112.jpg

高校生の息子さんが体育の授業中のサッカーで、フィールド外にいた他の生徒に誤ってボールをぶつけ、メガネを壊してしまったとの事。

全額は難しかったのですが、突発的な事故にあたるものとして、メガネを買い替える費用の半分を保険にてお支払いする運びとなりました。

「そんなことでも保険って出るの?」と驚かれる方も多いと思いますが、はい、おっしゃる通り出るんです!

実はこの保険、契約者であるY氏のご家族までを補償してくれるという優れものなのです。
補償範囲も広く、それでいて保険料もリーズナブルなのでおススメさせていただき、今回の事故でお役立ちすることとなりました。

先日のホームページもそうですが、インターネットで調べれば自分で出来ることが増えている今の時代に、わざわざ代理店を通して保険に加入する意味合いがドンドン減ってきていると感じています。

しかし、保険は分厚い「約款」と呼ばれる「これ日本語ですか?(汗)」と思えるような難しい言葉で書かれた規定により、保険金が出るor出ないが決まるという特殊な世界。

例え、インターネットで数分で加入出来たとしても、今回のケースのように「こんな場合は出るのか?」という事に、普通そこまでは考えが至らないのではないでしょうか?

だからこそ、こんな時代であるからこそ保険の専門家である「代理店を通して加入する」ことに価値がある!とお客様に感じていただける様に、勉強を重ね経験値を積み上げることで、お客様に「店長に任せておいてお陰で助かったよ」と思っていただける様に、保険代理店としての仕事に取り組んでいきたいと考えております。

"皆さんのココロとフトコロを暖かく"


by tokyotc | 2017-12-28 12:30 | 店長日記